サプライズのプロポーズって憧れるけど。。

なんだかんだ言ってもプロポーズの時って婚約指環をパカッと見せてやってみたいっていう思いはあるんだよね。
でもこれって凄く難しいっていうことを最近聞いてそうなのかなと思うようになってきている。
なんでかと言うと指輪だったら何でもいいというわけではないみたいなんだよね。
確かに郵便にはいろんなデザインがあるけど多分男にはそれほど違いがわからないような気がするんだよなんとなく値段がそれ以外だったらまあいいんじゃないかなって思ってしまうんだけど女性の感覚というのはもっともっと鋭くて好みももっともっと細いっていうことがあるんだよ。
だから男性が一人で選んだ婚約指環が果たして相手に気に入られるかどうかってすげー微妙な話なんだよね。
じゃあどうすればいいかってことに対する答えがこの記事に載っていた
プロポーズ用の指輪を贈るという考え方
この記事では二つの方法が提案されていた。
ひとつがプロポーズ専用のリングを使うということ。
婚約指環って給料の何ヶ月文とか良い話ではかなり高価なものなんだけどそんなものは何回も買い換えることができないよねだから一回もらった婚約指環ってそうそうなことがない限り買い換えることはないと思うんだけどだから不満が残るんだ。
じゃあ婚約指環があってて買うとしてプロポーズ専用の指輪渡せばいいんじゃないっていうのがこの考え方。
もう一つが指輪に使うダイヤモンドだけを送るという考え方。
こんな考え方があるなんて夢にも思わなかったよ。
確かにダイヤモンドのカットにもいろんな種類があるのかもしれないけどよっぽど特殊なものを除けばいいダイヤモンドのカットって決まってるんだよね。
だから送りたいダイヤモンドだけを選んで後のデザインは一緒に選ぶとか相手が好きなデザインを選ぶとか言うことができればかなり自由度が上がるし満足度も上がるんじゃないのかな。
それに指輪中で一番高いパーツのダイヤモンドをもらうというところでまあ十分プロポーズの贈り物としての意味も出しているしなかなか面白い考え方だなと思ったよ