テントのチャックを開けて入ってくる妖怪もいる

一度だけ洒落にならない体験をしたのだけど誰も信じてくれないからここに書く。
ついでに目撃情報も求む学生だった頃毎週末一人キャンプに興じてた時期があった。
金曜から日曜にかけてどこか野々山に寝泊まりするというだけの面白みもクソもないキャンプ友達のいない俺は寂しさを広大な自然の中に紛れ込ませていたのだった。
それでもまあその日は岐阜の方面に向かっていたんだけど地図も持ってないもんだから正確にはどこへ行っていたのかよくわからない。
とにかく体に良さげな山を見つけたのでそこで一泊する事にした。
ご飯食べてヤングジャンプを読んでたらもう夜中だ暇だなぁとか思ってたら急にテントのチャックを開けられたえ何管理人それとも通報されたとかもうびっくりして死ぬかと思ったけど貼ってたのは普通のじいさん。
中覗き込んでもした日かなと聞かれた返事できるような状態じゃなかったので頭だけ黒で返事したらそのままどっか行った。
民家まで1 kg はあるような山奥にまさか人がいるとは思わなかった最初は幽霊とか思ったけどどうみても人間だったむしろ変質者がサイコ野郎が泥棒で俺を狙ってるんじゃと考えると寝るにも寝れない。