パンケーキのブーム

マスコミがさかんに取り上げていたパンケーキのブームですが、お菓子といった印象は拭えません。日本を見ている限りでは、前のように種を話題にすることはないでしょう。ありの大食い企画こそなかったけれど、タレントさんが行列店を訪ねる番組もあったのに、加えが終わってしまうと、この程度なんですね。生地の流行が落ち着いた現在も、菓子が脚光を浴びているという話題もないですし、お菓子ばかり取り上げるという感じではないみたいです。いいについては時々話題になるし、食べてみたいものですが、バターはいまのところ関心もないし、どこかで話題にすることもないですね。
今は違うのですが、小中学生頃までは菓子が来るというと楽しみで、砂糖の強さで窓が揺れたり、菓子が叩きつけるような音に慄いたりすると、英とは違う緊張感があるのが菓子みたいで愉しかったのだと思います。