梅の実

あれから一年が経ち、先日家内が急に、浅川に梅の実を取りに行こうと言い出したので、レジ袋を持って二人して自転車で出掛けました。高尾の近くの浅川沿いには桜が多く植わっていて、桜のシーズンには多摩御陵入口から町田街道入口までの間の河川敷は、桜の名所として市民から親しまれている場所です。
この桜の名所よりも下流域の多摩御陵入口よりさらに下流に、梅の木がそこそこあって、地元の人達は毎年この時期になると、ここに梅の実を取りに集まって来るのです。私達が現場に着いた時にも、既に何人かの地元の人らしい方達が梅の実を取っていました。その人達は流石に要領を心得ていて、柄の長い虫取り網を持参して、高いところに成っている大きな実を次々と取っていました。