私の日常の趣味は韓国ドラマ

私が最近見て良かったのは財閥がテーマの「優雅な一族」です。内容は物語の始まりは警察官が2733車を止めなさいと言ってパトカーが追いかけるのです。飲酒運転で逃走中と指令を送り宣陵(ソンルン)から江南方面へ移動と言って繰り返し警察官が声をかけて車両番号の2733に呼びかけるのです。
ワンスは携帯で酒を飲んでると相手に言うのです。ジェグクが同僚の女性にワンスの今の現在地を聞いたらテハラン路と言ってジェグクがドローンを聞いたら同僚女性がジェグクに出勤と言ってパソコンで見事な操作をを見せるのです。同僚の女性はワンスに逃げ道を指示をするのです。ジェグクは同僚の男性は車でワンスを追いかけてと指示を送るのです。ワンスは警察とのカーチェイスをとても楽しんでる様子なのです。被疑者を捕まえたと言って警察官の一人が公務執行妨害罪も追加すると言ってワンスは車のドアを閉めて開けないのです。見知らぬ男性から携帯を渡された警察官が出た相手は警察庁長官だったのです。ワンスは救急車に乗って帰るのです。防犯カメラで同僚の男性がジェグクに完了と知らせるのです。
ジェグクが今度は坊やについて聞いたら同僚女性が塾から逃走中と知らせるのです。ジェグクが同僚の女性にいつと聞いたら同僚の女性がジェグクに30分前と言ったらジェグクが同僚の女性に位置確認をしてと頼むのです。そうしたら同僚の女性がネットカフェと言ってジェグクはクォンさんに連絡してと同僚の女性に頼むのです。ネットカフェで店員の男性が席が空いてないと言ったら2人組の客が嘘をつくなと怒るのです。ソジンが一人の客にゲームがヘタクソと文句を言ったらもう一人が荷物をどけとせっかすのです。ソジンは2人の客にお金も払ってそこは僕の席と怒ったのです。一人の客が生意気なガキと文句を言ってお札を見て金持ちと言ってお金を貸してと言い出すのです。ソジンは一人の客に貸すと言ったらいつ返すか分からないから貸せないとわざと相手を刺激させるのです。