結局プリンターの互換インクってどこが良いのだろう

パソコンを持っている人なら、プリンターを持っている人も多いはず。
仕事じゃなくても、写真やハガキなどを印刷するのに使うからね。。
家庭用で普及しているのは、レーザープリンターよりもインクジェットプリンター。
プリンター自体の価格が安くて、消費電力も小さい。
でも、インクがものすごく高い。
ハッキリ言って、プラスチックの入れ物にちょっとインクが入っているだけ。
こんなに高いはずはないなあと思いつつ、インクが無いと印刷が出来ないので、
仕方なく、購入しているわけです。
でも、世の中には、互換インクと呼ばれている非純正のやっすいインクが。
どれくらい安いかは互換インクのメーカーによっても変わって来るけど、
最低でも半額。。安い物だったらさらに半額と言ったところ。
つまり、純正の1/4くらいの価格で買えるというわけ。
これだけ安いと、ほんとに使えるのか心配になってきますよね。
実は、私はずっと互換インクを使い続けているのだけど、
やはり純正に比べると、トラブルが多いかなと思う。インクが正しく認識されないのは仕方ないけれど、
インクが詰まるのはほんと困る。
一説によると互換インクもメーカー毎に技術力に差があるみたいだから、いろいろな互換インクメーカーを試してみようと思う。