音楽配信のサブスクリプションのメリット・デメリット

音楽配信のサブスクリプションは昨今たくさん登場している。その中でも筆者はSpotify に登録して1年以上になるが、これまで感じたメリット・デメリットは以下のとおりである。
【メリット】
・とにかく手軽である
もちろんスマホやパソコンで聴けるので、わざわざ店舗に行き購入したりレンタルしなくて済む。以前はそれも楽しみの一つだったが、子供ができてからはとにかく子供のペースになってしまうのでゆっくり音楽を選ぶという時間は取れない。スマホで最新の曲や流行の曲が気になったらすぐ聞けるというのはとてもありがたい。
・ものが増えない
CDはどうしてもかさばり収納に困ったりするが、サブスクリプションならデータなのでその心配がない。
・思いがけない出会いがある
自分の聴いている曲の傾向で別のアーティストをおすすめしてくれたり、誰かがまとめたアルバムを聴けるので昔のドラマ主題歌特集、90年代ベストヒットなど自らでは思いつかない曲に出会えることがよくある。
・最新曲を最速で聴ける
CDなどは実際購入しに行くまで聴くことができないが、サブスクリプションなら配信日になったらすぐ聴けるので、発売を心待ちにしていたファンにとってはとてもうれしい。
【デメリット】
・スマホを奪われると終わる
子供がスマホを操作して、動画を録り始めたり
ゲームをし始めてしまうと音楽は聞けない。複数台で契約している場合はいいが、1台のみの契約だと車などで流している時に、音の出るような別のアプリを起動すると即座に終了してしまう。
・電波がないと聴けない
正確にはダウンロードすることで保存されたデータは聴けるが、全ての曲をダウンロードするわけではないので電波のない山奥やトンネル内では音楽を聞くことができない。
・CDジャケットや歌詞カードがない
アーティストによってはCDジャケットや歌詞カードにとてもこだわっており、それを手に取るというのも楽しみの一つである。それが全く無く純粋に音楽のみなので味気ない部分もある。
・使わなくても料金がかかる
特に専業主ふの場合、子供と一緒にいる時間に音楽を流暢に聴いている時間は少ない。毎日のように聴ければいいが、ドライブや一人になる時間はたまにしか訪れないので無駄にしてしまったなというときも多い。
・解約してしまうと何も残らない。
当たり前だがサブスクリプションを契約している期間のみが聴き放題なので、解約してしまえば何も音楽は残らない。